私のYouTube日記

Youtubeを初めて色々な経験をしてきた管理人がYoutubeで言えない事をグダグダとズバズバと言うブログ

目に留まりやすい(再生されやすい)タイトルの付け方

どうもどうも

 

今回はタイトル通り再生されやすいタイトルの付け方をお伝えできればなーとか思ってますw

 

まぁこればかりは自分もそこまで詳しくないのですが

 

もし参考になるようなところがありましたらドンドン使ってみて下さいw

 

こう見えても理論勢でしてノウハウコレクターでもありまして

 

当時チャンネル登録者3000人の人と絡んでたのですが

 

次第に絡まなくなり1万人超えた時に運営のやり方とか

 

伸ばす為に必要な事とかを言ってたんですが

 

ほぼほぼ私と同じ考えでしたねー

 

なので、自分で言うのもアレですが、登録者1万人オーバーの人と同じ

 

くらいの知識なら持ってるので、そんな知識をここでぶちまけて行こうかなーと思いますw

 

別に話して減るもんじゃ無いんでw

 

なんか、ネット上で情報戦略とかほざいて偽情報だしてる奴らを見てるイライラするんですよねーw

 

困って助けを求めて見に来てくれた人達の足をさらに引っ張るような行為は正直ダサいです

 

つまり相手が伸びたら自分の再生数や結果的な利率が低くなるから困るって事じゃないですが

 

そんなの自分の実力が無いだけです、なので私は包み隠さずハッキリ全て思った事や、実際に成功した体験談など、もちろん失敗した話も書かせて頂きます

 

で、まぁ本題に戻るんですが

 

まず最初に当時考えてた事はタイトルのキーワード化だったんですよね

 

やっぱり検索エンジン(YSEO)が検索結果の優先度を決めるので

 

完全にそのシステム向けにタイトルをキーワード化したらいいんじゃないかと

 

思ったわけですよね、それで実際に数十くらい投稿したんですけど

 

再生回数は全然付きませんでした

 

勿論、ある程度検索結果には出るようになりましたがね

 

で、次に何がダメなのか考えたんですよね

 

検索結果に表示はされているけど、再生してもらえないのはどういう事なのか、とね

 

で、思い返してみればタイトルをYSEO向けに作りすぎてキーワードばっかりで

 

実際に再生する人間には理解できないタイトルなんだなと思いまして

 

改善策を探したんですよね、タイトルをいじったら上位に表示されなくなってしまうし

 

かといってこのままのタイトルだと人間には理解してもらえないと

 

そこでしばらく悩んでて、ある日、Youtubeの特徴であるサムネイルを利用しようと考えたわけですよ

 

つまり、タイトルは完全YSEO向けでキーワード化して、サムネイルにその動画の旨を伝える役割を持たせると!

 

これなら完璧だろうと、思って動画を投稿し続けたのですが

 

結果は失敗に終わります、タイトルに入れたい文字をタイトルに入れようとすると文字だけで大半を占めてしまうので、画像がが見れなかったりだとか色々支障が出て来てしまい、結果的に再生してもらえずに失敗に終わりました...

 

YSEOの対策をすればユーザーに見て貰えないし、ユーザーに見えて貰おうとしたらYSEOの対策が捗らないし

 

悩みに悩んでYSEOとは何なんだろうと思い続けてたある日

 

突然と再生数が伸びた動画が出ました

 

そこからその動画をもとに研究を重ねた結果、いままでの平均再生数の3倍の再生回数は安定して、アップロードする動画すべてが最低でも一番最初の突然伸びた動画と同じくらいは再生されるようになりました

 

そこで、完璧に気づいたんですよね

 

いままでは0ー100論だったと

 

検索表示させる為に、YSEOを対策してた結果ユーザーに対するタイトルの付け方は一切無かった

 

逆にユーザーを意識しすぎてYSEOの対策はそっちのけだったりと

 

これじゃどれだけやっても伸びないでしょう

 

おまけに検索結果で上位に表示させるには

 

youtubenohito.hatenablog.com

 

上記の記事にも書きましたが(見れない方は下の小さなURLを押してみて下さい)上位に自分の動画を表示するにはどれだけ平均再生時間が長いかです、つまり質の高い動画をユーザーに提供出来ているかって言う話になります。

 

つまりタイトルだけじゃ上位には表示させることは難しいのです、と言うか自分の想像上ですが理論上タイトルでYSEOの対策をしたと事で検索上位に表示は無理ですね

 

なのであくまでタイトルと言うのは検索に引っかかるワードを入れるだけで十分って言う事です、私が教えるYSEOの正しい対策方法としては

 

例えばコーラの早飲みだったらタイトルの付け方は

 

コーラ早飲み 飲むのめっちゃ早い

 

赤文字が自分がどんなユーザーに検索して貰いたいかで書くキーワードです

 

なので上記の赤文字だけでコーラが気になって コーラで検索した人と

 

早飲みが気になって 早飲みで検索した人に表示されるようになります。

 

そして青文字は検索してその動画が目に留まるようにする文字です

 

コーラ―の早飲みってどれだけ飲むの早いんだろう?とか気になったりする人が出てくればそれで再生される可能性は上がります

 

こういう青文字の部分は人間の探求心をくすぐる文字選びが重要なんですよ

 

一種の誘惑ですねw

 

だからと言って悪い事では無いです、ユーザーさんの方も俺ハメられてたの?とも思わなくていいですし、アップロード者もユーザーをハメているなんて思わなくて平気です

 

それで動画の内容が見たユーザーの大半が納得できればごく普通の事です

 

逆にダメなので青文字の部分を盛りすぎてるくせに、内容は全然ダメな奴がアウトです

 

俗にいうサムネ詐欺だったりタイトル詐欺だったり言われてますよね

 

叩かれる原因にもなりますし最悪通報される可能性すらあり得るので良くないです

 

と、まぁタイトル付け方って再生数が伸びてない人なんかはYSEOの事ばかり気にしちゃってたりすると思うので(自分自身の体験談)今回はその壁を越えたものとして参考にして頂けるところでもあれば嬉しいなと思った限りでございますw

 

まとめると

  • タイトルをキーワード化しすぎない事
  • 重要なのは最小限のキーワード化
  • 最小限のキーワードを決めれサブタイトルを書けば自然と他のキーワードも書かれている
  • 検索上位にする為には必要なものは平均再生時間の長さ

とこんな感じですかね

 

結局一番大切で妥協しちゃいけない部分って

 

一番近くにあって一番手手間を掛けれられる部分なんですよね

 

それがこの記事を見て分かって頂けたら幸いです

 

あくまで検索システムなどは機械制御なんである程度の対策は必要ですが

 

一番重要なのはユーザーをどれだけ満足させれれるかなんです、これ何度も言ってると思いますが、この先も恐らく言い続けるでしょうw

 

ユーザーが満足してくれるって言うのがシステムエンジンが認めてもっと見て貰えるように配置してくれるんですよね

 

なんでそこだけは忘れないで欲しいです、とくにネットで何かをしたくて頑張る人にはなおさらです、今現在のほとんどの検索エンジンGoogleが絡んできているのでGoogleの方針に則りながらやって行けば必ずネットの世界なら成功出来ると信じでおります

 

今はこんな記事を書いていても検索されないだろうし、表示のされないと思っていますが、いつかこの記事が皆の役に立つようになれば私のこの記事も検索上位に表示されると思っています

 

信じる事は大切ですし、なにより私はこの記事を見てくれた人に有益な情報を提供出来ていると言う自信があります、なので偽情報を提供しているYoutubeのノウハウブログを超えると思っております

 

ではでは、今回はこんな感じで終ろうかなと思っておりますw

 

今回はいつもより長めの記事になりましたww

 

普段2000文字ちょっとなんですけど、今回は3000文字に突入致しましたww

 

正直毎回記事を書くのに数時間は使っているですよねww

 

でも、みんなの為になって自分もこれでいつかお金が稼げるようになればwinwinだと思うのでこのブログに時間を割くことは惜しまないでやって行こうと思ってますw

 

ではでは、また次回の更新でお会いしましょう!

 

バイバイ!

 

Youtubeで叩かれる可能性が高い動画とは、解説

どうも

 

今回はタイトル通りYoutubeで叩かれる可能性の高い動画をお伝えして行こうと思います

 

皆さんトレンド動画やテキスト動画をご存じですか?

 

一時は情報教材でも上記に書いてある種類の動画をゴリ押しでアップロードして行き

 

それで再生回数を稼いで収益を発生させてYoutuebをビジネスモデルにしましょう

 

みたいな感じのが流行ったらしいですね

 

顏や声等を使わずにムービーメーカーって言う無料の編集ソフトのみで

 

動画を編集、作成が出来るのでタダで始められて

 

アップロードした動画が伸びれば純利100%と言う一見とても

 

完璧に見えるビジネスモデルですよね

 

あ、テキスト動画とトレンド動画の解説をし忘れてましたね

 

急遽上記2種類の動画を説明して行こうと思います

 

まずトレンド動画とは

 

トレンド=流行りって事です

 

つまり流行り+動画

 

今、流行りのジャンル等を取り扱って動画を作成しようと言う

 

動画の種類ですね

 

例えば洋服のレビューだったら、その時に流行っている洋服の柄や色、コーデ等を

 

撮影してレビューして動画をアップロードする見たいな感じです

 

メリットとしてはやはり、流行っているものはそれだけ注目度が高いと言う事なので

 

結構検索とかされるので人の目には付きやすい動画を作成する事が比較的容易になっています。

 

デメリットとしては、流行りのものは廃れると言う事です

 

一時は爆発的に伸びる可能性がありますが

 

ある程度の時間が経つと直ぐに再生されなくなったり

 

検索しなくなってしまったりと、ピークを過ぎるのが結構早いです

 

例題で言えば夏になっても冬服を見てる人ってあまり居ませんよね

 

そうなるとトレンド動画としてはその一時を過ぎたらその動画は殆ど再生されなくなります、なので非常に短い期間で次々にトレンド動画を作成していかないと行けません

 

 

次は、テキスト動画の説明をします

 

テキスト動画とは、動画なのに文字(テキスト)を画面上にスクロールさせるだけの

 

動画となります

 

メリット 顏だし、声出し不要

 

編集が簡単で素早く動画を作れる

 

デメリット、動画サイトにアップロードしてるのに文字が流れるだけなので基本絶対叩かれる、ほとんど低評価が付く

 

やはりメリットが、この上ないほどお手軽な分デメリットもかなり大きいです

 

おまけにこのテキスト動画って文章を自分で考えて書いてるなら別なんですけど

 

結構2ちゃんのSS(ショートストーリ)やまとめ等をコピペして作っている人が居て

 

それのせいかデメリットにも書いたように超高確率で叩かれてる動画を見かけます

 

コメントで叩くだけだったら最悪まだいいのですが、通報とかを多くされたりすると

 

最悪アカウント停止になってしまいますから、非常に危険なジャンルになります

 

と、説明はこんな感じにして

 

本題の叩かれる可能性が高い動画の解説をして行こうかなと思います

 

まぁ上記のデメリットを抜いて考えれば、テキスト動画の声出し、顔出し、不要で文字起こしをして、それを動画にスクロール表示させて尚且つジャンルはトレンド(流行っている)を使うって言う風にすると、ぶっちゃけ最強かな?と勘違いする程には

 

超効率的です

 

しかしテキスト動画の悪いと事はもはや文字をコピペしてるから叩いてるって言うだけじゃないんですよ、そもそも動画発信ツールにまともな動画をアップロードしないって言うだけで叩かれてるんですよね

 

なのでテキストをメインに使うジャンルの動画をアップロードする時点で叩かれます。

 

ちなみに主も一時伸びなくて迷走モードに陥った時に

 

テキスト動画をひたすら作ってました

 

それにテキスト動画とトレンド組み合わせた動画も作ってたりしましたが

 

まぁ最終的にやめましたねw

 

たしかに再生回数は今までの動画と違い手の込んだ編集もしてないのに

 

えっ?こんな感じの動画でこんなに再生されるのって言うくらいには

 

再生回数とれましたよ

 

しかし平均再生時間が数秒とかザラですし何よりも

 

競争相手が多すぎるのと、主が始めたころはすでに上位交換であるランキング形式+映像+アフレコの動画なんかがガンガン出て来ててもはや戦意喪失で止めましたね

 

まぁいわゆる、トップランキングさんとか電撃ランキングさんとかの方が明らかに評価良くて内容も良いですし、テキスト動画を叩いてる人たちがそっちに流れていい感じに評価してたので、もうテキスト動画で稼げる時代は終わったなとも思いましたww

 

まぁ、そもそも再生回数が思った以上に伸びましたがこの手抜き編集に対してこんなに再生されるのか程度なので百万再生とか何十万、何万って言う再生はされなかったですよ。それに対して非難の嵐になる可能性も他のジャンルと比べたかなり高いですし時間を掛けるだけリスキーなジャンルだなとは見思って実感しましたね

 

でも主自体別にYoutubeにテキスト動画を上げられてもその動画に低評価するとか通報するとかそういう事はしない人間なのでもし上記に書いてある事を読んだ上でも行けそうだなとか思ったら全然チャレンジしてみて下さい

 

誰が何と言おうとYoutubeの規約を守って動画を投稿し続ける限りは、動画を上げるなと言われた所で、じゃ見に来るなって言えばおしまいなんでw

 

主的には最終的にユーザーがまた見に来たくなるような動画を作る事にクリエイターとしての生きがいを感じて最後の方はここで紹介したチャンネルでずっと投稿し続けてましたがw

 

自分で言うのもなんですがこだわりが深いと言うか職人気質なんですよねーw

 

元リアル職業も職人だったもんでw

 

おまけに今見たいな若い人でビジネス職人が親方では無かったんでw

 

職人40年とか言う昔気質の職人が親方だったので

 

自分がいい仕事(Youtubeではコンテンツ)をしたら見てくれた人が喜ぶだろうなと思い

 

そこに情熱を感じでおりますw

 

まぁ結局今は色々事情があり最低でも半年以上は動画投稿できない環境なのでブログを使ってテキストと言う形で皆に何か為になる物を届けられたらなーって言う感じですw

 

まぁ、もちろん無料奉仕って言う形じゃ無くて皆が自分が更新する記事を見て満足して貰えたら報酬として収益が発生するみたいなシステムが一番嬉しいんですけどねw

 

価値のない物を提供して収益が発生する事で得られるメリット

 

価値のある物を提供して収益が発生する事で得られるメリット

 

なら私は後者の方がメリットが多くて好きなんでやっぱりいいものを作り続け行きたいですねw

 

それでは今回はこんな感じで終ろうかなと思います!

 

また次回の更新でお会いしましょう!

 

ばいばいー!

Youtubeで検索した時に動画を一番上に出す方法

 

今回は再生時間がどれほど重要なものかをお伝えして行こうかなと思います!

 

ではまず再生時間とは、貴方がアップロードした動画の再生された時間です

 

この再生時間には二通りのパターンがあり

 

平均再生時間と、総再生時間があります

 

で今回お話しして行くのは

 

平均再生時間がYoutubeにYSEOにどれくらい影響を与えるのかを

 

解説して行こうかなと思います

 

では、まず初めにこれから先主が言う事を信じて読んで行って下さい

 

嘘では無い話なのですが、恐らく大抵の人間は主の事を嘘情報を流しているって思われてしまうので、先に言っておきました

 

では、話していきますね

 

主は登録者180人くらいで弱小クリエイターと言っているのですが

 

実は、主の動画をYoutubeで検索すると一番上に出てきます

 

しかも再生回数もそこまで多く無いです

 

Youtubeで 犬と打つと勝手に予測で犬 かわいい とかYoutubeの検索が予測キーワードを表示しますよね

 

それでその予測キーワードで検索した時に主の動画が一番上に出てきます

 

しかもそれが運良く1つだけの動画ではなく他の動画も検索した時に1番上に出てます

 

で、その時に主は何故なのだろうかって考えて答えが出たので今回は

 

検索された時に一番上に動画を出す方法をお伝えしようかなと思います

 

因みに主の動画が1番上に出て来ていますが2番目のかなり大手のクリエイターが上げた動画です、再生数は勿論大手クリエイターの動画の方が再生されてますね

 

再生回数だけで言ったら雲泥の差です

 

この時点である程度の方は察したと思うのですが、そういう事です

 

私がこの記事の一番最初に書いた意味もご理解いただけたかと思いますw

 

再生回数=絶対的な強みでは無いんです

 

いつかの記事で私は案外Youtubeって実力主義だよとも書きましたがそういう事ですw

 

総再生時間は100人が1分見れ100分になり、平均再生時間は1分になります

 

10人が10分見れば総再生時間が100分になり、平均再生時間は10分になります

 

これで前者と後者どちらの方がクオリティの高い動画でしょうか?

 

勿論ほとんどの人は後者だと言うと思います、そしてYoutubeのエンジンも後者の方がクオリティが高いと認識してます、だからこそ私のアップした動画はチャンネル登録者数何十万で再生回数何万の投稿者を超えて検索した際に動画が1番上に表示されてるのです。

 

と、言う事で平均再生時間が高ければ高いほど検索した際に自分の動画が一番上に表示される可能性は高くなります

 

ただし、注意点として

 

検索キーワード内での判別なので注意が必要です

 

でも、結果的に一番重要なのは見てくれた人がどれだけ長く動画を見てくれたかが一番重要になって行きます

 

YoutubeGoogleが買収してGoogleの方針が

 

ユーザーに良い物を提供出来る人を優先して皆の目に留まりやすい上に表示させるよって言う事を言っているので、YSEOにしてもSEOにしてもどっちも良いコンテンツを作ってそれを提供し続けるって言うのが伸びる為の一番近い道です

 

だからこそ、私は今はブログで検索はGoogleSEOに頼っているので嘘の情報は流しませんし、経験上、クオリティの高いコンテンツを提供したら後から結果も付いて来たので、それを信じてこうして記事を書いていますw

 

こうして記事を書き続けて実際に私がこの記事に書いた事を参考にして伸びたクリエイターがこのブログを評価してくれたりすれば、お互いwin winの関係が気付けるので、私がこのブログで嘘を付いて居ないと言うのも多少は分かってくれる人も出て来てくれれば幸いです

 

上記の説明通りにやると仮に私が書いた方法で失敗とかしても私に対するメリットは無いですからねw

 

もうYoutubeも全然手を付けてませんしw

 

私からしたらこの記事が酷評された方がダメージ大きいですw

 

ではでは、今回はこんな感じで終ろうと思います

 

つまりYoutubeで検索した際に1番上に表示させるにはそのアップロードするジャンルで皆が長く見てしまうようなハイクオリティな動画を作れって事でした!

 

また次回の更新でお会いしましょう!

 

バイバイ!

Yotutubeで伸ばすにはコラボをするべき?

まいど!

 

と、言う事で、今回は

 

Youtubeで伸びていくにはコラボをした方が良いのか?

 

と言う素朴な疑問に対して

 

経験者の主からコラボのメリットとデメリットを説明しながら

 

記事を更新して行こうかなと思います!

 

ではまずメリットから

 

やはり再生数が増えたり、新規ユーザーを獲得できる

 

まぁ、これはコラボをした際にすぐに思い当たるメリットですよね

 

ではさらに一番大きなメリットをお伝えしようかなと思います

 

コラボ先の相手がバズった時の爆発力が凄い!!

 

これは現在日本のYoutubeチャンネルでも一握り程しかいない

 

チャンネル登録者数100万人オーバーのチャンネルを運営している

 

ラファエルさんも言っていた事です

 

ラファエルさんが伸びたきっかけって何ですか?って言う質問に対して

 

こう言っていました

 

まだ禁断ボーイズがバズる前にコラボをして

 

その後に、禁断ボーイズがバズって、その影響で

 

自分も伸びましたと

 

まぁさすがにラファエルさん自身も普通にYoutuberとして面白い企画をしてみてたりだとか行っているので、伸びたきっかけが全て禁断ボーイズがバズったからとは

 

言い切れませんけど、コラボ相手がいきなり再生回数100万とか超えれば

 

さすがにそれの影響は1000や2000なんてあり得ないでしょう

 

で、そのコラボ相手が言うなればフィーバータイムに入っている最中に

 

コチラ側もせっかくコラボ先からの新規ユーザーが来ているのに、見に来てくれた人に「コラボしてたから見に来たけど、楽しくねぇな」なんて思われないように

 

必死にユーザーを楽しませる企画を考えて、それが上手い事進めば、ラファエルさんのように伸びる可能性も全然あり得るでしょう

 

一番ダメなパターンは新規ユーザーにがっかりされてしまう事です、これは

 

youtubenohito.hatenablog.com

 

コチラの記事でも少し話していますが

 

見に来てくれたユーザーがリピーターになってくれないパターンです

 

表現が過激になりますが、つまり、あなたがどれだけ個人的に神動画を作成しようと

 

見てくれたユーザーが評価してくれなければ、それは貴方の自己満足動画で終わってしまいます

 

一番ベストなのは貴方が個人的に神動画だと思ったものをアップロードして

 

それがユーザーに評価されるのが一番ベストです

 

まさに好きな事で生きて行くって言う事が可能です。

 

しかし、Youtubeはそんなに甘い世界では無いです

 

そもそも再生されなかったりだとか、コメントも評価もつかないだとか

 

そんなのがザラです

 

なので折角コラボ相手がバズってそこから新規ユーザーが見に来てくれたのですがから

 

この時点でさっきも書いた、そもそも再生されないっていう一つのYoutubeで伸びない原因が無くなった訳ですよ、これは正直かなりチャンスです

 

これを上手く利用できなかったら、次回のチャンスがいつ来るか分からず

 

瞑想に陥るでしょう...

 

なので必死にユーザーにウケる動画を作る事を第一念頭に考えて見て下さい

 

すこし熱くなり語りすぎました、これ以上この事について話すと話が脱線しそうなので

 

このお話はまた次の機会で書きます

 

ではでは、本題に戻って

 

コラボをする上でのデメリットですね

 

これは正直、自分がYoutubeをやっていて一番心が折れた瞬間でしたね

 

まず、コラボの誘いがあって、実際にTwitterのグループやスカイプのグループでコラボ予定日を決めてから、企画や予定を決めてコラボをするハズだったのですが

 

誰も企画提案しないから提案してみたりしたら、皆ガン無視

 

で、結局企画は決まらずコラボ動画撮影当日、誰からの連絡も来ない

 

しょうがないので、仕方なく今日コラボ撮影日でもう予定時間過ぎちゃってますけど、コラボ出来そうですか?と質問してみたところ、案の定皆ガン無視

 

もう頭に来て、コラボする気が無いなら自分は今回の件下りさせて頂きますって

 

言った瞬間 おつかれさまです

 

と皆から返答が来た瞬間もう怒りを通り越して、心が折れましたね

 

まぁ、単刀直入にデメリットをお伝えしますと

 

底辺帯の奴らは頭悪すぎて基本コラボなんて出来ない

 

出来ない事は無いと思うのですが、ハッキリ言って時間の無駄だと感じるほど

 

コラボ出来ません、大体の人はこれなら一人で動画投稿し続けた方がタメになると思うと思います

 

あと自分の経験の話ですが、コラボ相手が信者を抱え込んでたりする

 

底辺抜け出したくらいのコラボ相手だったんですが

 

実際コラボ動画は撮影出来て、やっとチャンスに巡り合えたかなと

 

思っていた矢先に

 

事前に何時までに編集して何時頃アップロードしますかー?って言う打ち合わせで

 

コラボ相手が諸事情で編集にかなり時間がかかるとの事で

 

うちに先に動画をアップロードしても構わないと言う風に言われて

 

その時、自分は折角初めてのコラボ動画が成立しそうだし、今回の企画は完璧に成し遂げたいと思っていて、なら編集終わるまで待ってますよーと伝えたら向こうが承認してくれて

 

1ヵ月以上待ちまして、そろそろ編集終わりましたかーって聞いたら

 

なんとコラボ相手はいきなり、やっぱり今回のコラボは無しにしましょって言ってきて

 

1ヵ月以上も待たされた挙句、何の理由も無しに中断って言うのに納得いかず

 

せめて理由だけでもと思って聞いたら、これ以上は言えないですとか言われて

 

その時、自分は完全に、あぁこいつは自分とのコラボ動画を上げてもメリットが無いと思って裏切ったんだろうなーと思いました

 

なぜ、そこまで言い切れるかと言うとコラボ動画を撮影する予定を組んだ時は自分のチャンネルの平均再生回数がかなり高くて、断られる時にはその平均再生回数が当時の3分の1程度まで落ちてしまってたのでこれが原因だろうなと、すぐに察しました

 

底辺帯はバカばっかでコラボなんて出来っこないし

 

中堅帯はコラボを動画を上げるメリットが無ければたとえ撮影終わって動画をアップロードするだけでも平然と中断しますし

 

私の経験的なものからくる偏見かもしれませんが、ハッキリ言ってコラボはそこまで貪欲にやるべきものでは無いと言う結論に至ってます

 

もし、仮にコラボをどうしてもして行きたいと言うならば

 

コラボ相手の性格やYoutubeに対しての考え方って言うのをじっくり考えてから

 

失敗しないようなコラボをしてください

 

ラファエルさんなんかはチャンネル登録者100万人超えているのに

 

チャンネル登録者数千人規模のチャンネルとコラボとかしてたりするので

 

ワンチャンありそうですが、実際ラファエルさんのような上位にいる人が

 

そんなホイホイコラボをするハズがないので

 

何かコラボする相手に注目している所があるんでしょうねw

 

 

まぁ、とりあえず、コラボをする上ではコラボ相手に自分とコラボをした際にでてくるメリットをいかに上手く営業出来るかでしょうね

 

勿論底辺は除きます、そもそも登録者数十人規模のチャンネルとまともなコラボなんて出来る訳が無い…w

 

と言う事で、今回はこんな感じで終わろうかなと思います

 

今回はキツい文章を書いてしまい不快になった方がいるかもしれませんが

 

その件については、謝罪します。

 

ではでは、良ければまた次回の更新でお会いしましょう!

 

 

Yotuberのマーケティング(効率的なリスクヘッジ)

 

どうも、さっき書いた記事が全て消えてしまい物凄く落ち込んでいる

 

管理人です...1時間もかけて書いたのに...

 

まぁ気を取り直して行きましょう

 

で今回の題材なんですが

 

<<好きな事を投稿し続けよう>>

 

って言う題材で話を進めて行こうかなと思います。

 

そして今回はリスクヘッジと言う用語を使うので

 

本題に進む前にリスクヘッジとはについて

 

説明しようと思います

 

リスクヘッジと言うのは、投資をしている人なら直ぐに分かると思いますが

 

これから先に起こりうるリスクを対策しようって言う意味です

 

投資家の方は株などをやる際に仮にリーマンショックで株が全て台無しになった時に備えて、投資額の調整や、その他株以外の投資など

 

リスクを分散させる訳ですよね、これの事をリスクヘッジと呼びます

 

そしてユーチューブにもこのリスクヘッジを用います

 

日本でも有名なユーチューバーの方は殆どリスクヘッジをしています

 

では、Youtubeにおいてリスクヘッジとは何なのか?と考えた時に

 

一番最初にYoutubeので最悪な事を考えます、そうすると

 

最初に出て来ることはYoutube自体が消える事

 

では、どういう風にリスクヘッジするかって考えた時に別の動画投稿サイトにチャンネルを保有しておく事やツイッターやブログを初めておくなど

 

このようにリスクヘッジをして行くのですが

 

今回はそこまで大事にせずにYoutube上で貴方のチャンネルがアカウント停止されましたって言う風にリスクを考えましょう、そしてこれがYoutubeで活動している限りは、一番起こり得る可能性があるリスクです

 

それに対してのリスクヘッジと言うのが有名な方々がやっているサブチャンネルの保有です

 

で、題材の好きな事を投稿し続けようと何の関係があるのっていい加減思われてると思うのですが、ちゃんと話します

 

まず貴方が投稿したい動画のジャンルは一つだけですか?

 

恐らく多くの方は知らずとトレンドマーケティング等したくなると思います

 

何故かと言われたら、やはり一番賑わっているマーケットに行けば再生回数ががっつり上がる可能性が高いからって言う風に捉える方が多いと思うんですよねw

 

もし、一つのジャンルだけの動画を投稿し続けたいって言う方ならば

上記のリスクヘッジさえしておけばOKなのでこれから書く分は見なくても大丈夫です、多くの方がしているようにサブチャンネルをもってそっちの方もメインと同じように平行運営していって下さい!w

 

では、仮にそのトレンドで再生数がかなり取れて見てくれた方がこの人の動画面白かったからチャンネル登録しようって

 

チャンネル画面開いたときに全く別ジャンルの動画を投稿してたら

 

見てくれた人が貴方が他に上げていた動画のジャンルに全く興味無いから登録して普段見ない動画の通知ばっかり来るなら登録するのやめようって思われたら

 

物凄く悲しいですよね

 

かと言って一つのジャンルしか投稿出来ないのも、やりたい事を投稿し続けるって言う意味では芽を潰してる訳ですから、もったいないですよね

 

なので今回は、ヒカキンさんの用にリスクヘッジとして複数のチャンネルを持ち

 

尚且つリスクヘッジのチャンネルもジャンル分けしてメインチャンネルの用に運用しようって言う事です

 

因みにほとんどの方はリスクヘッジでサブチャンは持ちますがジャンル分けしてる人ってあまりいないです、見てると大体メインには上げられないような動画だったりサブチャン持ってるから気持ち程度に上げておこうって言う方が多いです

 

なので今回はサブチャンもジャンルを分けてメインチャンネルと同じくらい

 

育て上げたら仮にメインチャンネルがアカウント停止されてもサブチャンネルでメインチャンネルと同じくらいの再生回数とれるシステムを作り上げたらyoutubeで好きな事を投稿して生きていける可能性が出て来るかもしれないですw

 

まぁ、あくまで今回は好きな事を投稿するのは自由だけど

 

一つのチャンネルにジャンル分けせずにやりたい放題動画を乗せてたら

現登録者のファンの方とか視聴者さんがこのクリエイターは

 

何がしたいのだろう?っと思ってしまうのを回避しつつ

 

アカウント停止された時にリスクヘッジをしておくと言う事でした!

 

ではでは、今回はこんな感じで終わろうと思います!

 

また次回の更新でお会いしましょう、バイバイ

 

Youtuberになる上で大事な事

どもどもー、今回は、youtuberになる上で大事な事を話していこうかなーと思ってますw

 

まぁ今更かよって思うかもしれないんですが、なんかふとこういうのって実は考えて行動してる人って少ないんじゃないのかなーって思ったので、改めて記事にしてみようかなーってねw

 

で、大事な事が何かって言うと

 

Youtubeって業界は今はヒカルさんとかラファエルさんが有名になってきたころから

 

その二人がYoutubeは金になるからやってるみたいな、もう完全ビジネス目線で

 

Youtubeを広めてきたと思うのですが

 

実際Youtubeを最初から完全ビジネスって考えでやって成功できる人って

 

めっちゃ少ないと思うんですよねw

 

あの二人は、そもそもビジネスマンとして成功を収めてますし

 

考えが違うんですよね

 

営業とかマーケティングの事を知らずに、いきなりYoutubeをビジネスとして初めてもなかなか上手く行かないと思います

 

理由は、マーケティングがちゃんと出来てるか出来てないかって言う事なんですよ

 

何処の層に需要があるが、その狙ったマーケットに何が求められてるのかって言うのが

 

分かった上で行動できてれば、ワンチャン、最初からYoutubeをビジネスモデルとして

 

成功する事が出来るかもしれませんが

 

まぁ、それがいきなり出来てる人って、実際一握りだと思うんですよね

 

ようは顧客のニーズに応えた商品を提供し続けるのが一番大事なわけですよ

 

ヒカルさんだったらいま見ているyoutubeの層が買い占め系とか

 

お金を使う計がどれくらい求められているのか

 

って言うのを計算して上で最低限のお金の使い方で運営してると思うんですよね

 

それって言うたら、見てくれてる視聴者さんに対して

 

この企画ならこれくらいお金を使えば視聴者さんが満足してくれるって言う事が

 

分かった上でやってるんですよね

 

つまり、必要最低限で抑える事が出来てるんです

 

それは視聴者さんの満足できるラインが分からないと必要以上にお金を使ってしまう訳ですから、最終的に、赤字でビジネスとしては失敗じゃないですか

 

それが上手く出来ないと難しいわけですよ

 

これはゲーム実況なんかでも同じことで

 

視聴者さんが実況者に対してどれくらいのプレイヤースキルを要求しているとか、どれくらいのトーク力を期待しているとか、そういうのが実況者が分かった上で、実況動画を投稿できれば自然と伸びちゃう訳ですよね

 

こうやって書く分には簡単ですけどこれが実際かなり大変で、いきなりビジネスとしてYoutubeを始めるにはそれが熟知できないと難しい訳ですよ

 

なので、今回のYoutubeを始めるうえで大事な事って言うのは

 

行き成りYoutubeをビジネスとして始めるのでは無くて

 

あくまで、趣味として初めていきつつ、最初に見てくれた数少ない人たちがどれだけ満足できる動画をUPできるかって言うのを楽しむべきだと思うんですよね、その視聴者さんの求めてる物に応えていくって言う意味では

 

こうやって最初のうちからでも練習できるわけですし

 

ただ何がちがうかって言われたら、分母が違うって言うだけです

 

クリエイターって言うだけあって結局のところはお客様満足度なんですよ

 

接客業とかと同じで運営チャンネルを何度でも見に来たくなるように

 

リピーターを増やしていくって言う事が重要なんだろうなっと思ったわけですよ

 

もちろんYoutubeって言うのはお金を払って広告とか打てばいきなり再生回数が何千、何万もあり得る世界なのですが

 

1人の視聴者が満足する動画を作れない時点で

 

何千、何万って言う人が満足できる動画何て作れっこないって話です

 

むしろ何万人に見て貰えるって事は逆を返せばウケが悪かった時の評価はダダ下がりです、そうするとYoutubeのシステム的にもこのチャンネルはあまり良いチャンネルじゃ無いって判断されればそのチャンネルがYSEOの優先度が下がったりして検索しても表示されない可能性だっておおいにありえます

 

最悪チャンネルBANされる可能性もありますからね

 

自分の経験上の話ですが実際Youtubeってかなり実力主義です

 

そのお話はまた今度の機会でお話しするんですけど

 

今回は自分がYoutuberとしての実力を上げてから何千人規模の人に見て貰いましょうって話です

 

なのでレベルアップのコツとしては

 

私はユーザーにリクエストをして貰ったりするのって

 

めっちゃ重要な事だと思ってます

 

結局クリエイターが視聴者の求めてるものが分かって無いから

 

評価されないので、どうするか考えた時に

 

評価してくれる視聴者さんに直接どんなものを求めてるのかを聞くのが一番早いんですよ

 

聞くのは一時の恥、聞かぬのは一生の恥って言う格言があるくらいですw

 

リクエストとか、具体的に自分がUPした動画の何処が悪かったのかを、積極的にどんどん聞いて行きましょう

 

ってな感じで今回はこんな感じで終わろうかなーっと思ってます

 

まだまだ文才が無くて伝えたいことが伝わってるか分からないですが

 

これからも精進してまいりますw

 

ではまた次回の更新でお会いしましょうー、バイバイ

 

 

 

サムネイルの重要性についての解説

どうも、今回の題材はサムネイルの重要性について説明して行こうかな、とか思っておりますよー

 

と言う事で文字を大きくして強調して改めて記事のタイトルを書きますか!

 

<<サムネイルの重要性>>

よし!これ結構それっぽく書けたんちゃう?ww

まぁと言う事でこんな感じで本題の方に移りますかー

 

それじゃ、サムネイルを知らないと言う方へ参考画像をUPしますか!

 

初めての画像アップなのでちゃんとアップ出来てるか分からないですが、記事が更新できてると言う事はアップ出来てるでしょう(適当ww)

 

f:id:youtubenohito:20170609030950p:plain

 

ハイ、この矢印がサムネイルです

 

普通の画像だと思っている方も多くいると思います、ええ

手抜きじゃないんですよ、真面目に主も書いてますよ

 

べ、べつにめんどくてYoutubeの急上昇の動画をそのままスクショしたとかじゃないんだからねっ///

 

と、まぁ普通の画像なのですがこれが実は結構重要だったりします

もしあなたがアップロードした動画のタイトルが気になったけど、サムネイルが微妙だったから他の動画を見に行ってしまった人が居たら悲しいですよね。

 

大袈裟に言ってしまえばタイトルとサムネはあなたのお店の看板なんです

 

めっちゃ重要です、サムネイルの見栄えが良いか悪いかで、あなたのチャンネルの再生回数がめっちゃ変わってきますよ、これマジで

 

で、具体的にどんなサムネイルが見栄えがいいのかって思う方が居ると思うのですが、正直見る人の主観なので正解も不正解もありません

 

しかし基本的なテンプレがありまして、貴方がこれからUPするであろう動画で、一番インパクトのある部分を4~6割の割合でサムネイルに入れて下さい

 

そして残りの4割くらいで、5文字以内にインスピレーションが沸く文字を入力して編集するって言うのが一番ベターですね

 

そんな訳で編集するのにどうやって編集するのって言う方やどんな編集ソフトがいいのかとか迷っている方が居ると思うのでアフィで紹介しようかなーってww

(気に入ったらご購入してみて下さい)

正直かなり値が張りますが、人気な人は結構コレ使ってますね

まぁステマでは無いのですが、有名なYoutuberにアドビって言えば大体認知されてるくらいには有名なソフトですね

 

値段が高いですが、月々1000円って思えばそこまでかなーとは思いますが、フリーソフトでの編集じゃなくて本格的に編集したいって人は買ってみて下さい

 

君もこのソフトでライバルYoutuberに差を付けろ!!(小学生くらいの時に流行ってた某靴の受け売り)


見たいに言っておきますw

 

と、サムネイルの説明も大体終わったかな?ww

なんか物足りない気もするんですが…w

 

後は、たまにYoutube関連のネット記事で

サムネは全部他の動画と同一にしてるけど再生回数伸びてるので

サムネは関係ない見たいな記事書いてサイトをチラホラ見かけますが

 

まぁ、ハッキリ言って余程の事が無い限りすべての動画のサムネが同じで再生回数が、伸びるチャンネルなんて無いでしょう

 

毎日放送するYoutubeLiveとかなら固定のサムネでもいいかもしれませんが、それ以外で伸びてるチャンネルってチャンネルの登録者がめちゃめちゃ居てサムネ関係無しに見に来てくれる以外考えようが無いですね

 

少なからず初見さんに見て貰って再生数を増やして行くには

めんどくさがらずに動画毎に違うサムネイルにした方が得策でしょう

 

ここまでの記事でタイトルやタグ概要欄のSEOの対策とサムネイルの重要性の説明をしたので、これで大体Youtubeにアップロードしても見てもらえたりする人も増えてくるころかな?

 

ではでは今回はいつもより文字数少なくてあまり読み応えが無いかもしれないですが、こんな感じで終わろうかなと思ってます!

 

ではでは、また次回の更新でお会いしましょー、バイバイ