私のYouTube日記

Youtubeを初めて色々な経験をしてきた管理人がYoutubeで言えない事をグダグダとズバズバと言うブログ

Yotuberのマーケティング(効率的なリスクヘッジ)

 

どうも、さっき書いた記事が全て消えてしまい物凄く落ち込んでいる

 

管理人です...1時間もかけて書いたのに...

 

まぁ気を取り直して行きましょう

 

で今回の題材なんですが

 

<<好きな事を投稿し続けよう>>

 

って言う題材で話を進めて行こうかなと思います。

 

そして今回はリスクヘッジと言う用語を使うので

 

本題に進む前にリスクヘッジとはについて

 

説明しようと思います

 

リスクヘッジと言うのは、投資をしている人なら直ぐに分かると思いますが

 

これから先に起こりうるリスクを対策しようって言う意味です

 

投資家の方は株などをやる際に仮にリーマンショックで株が全て台無しになった時に備えて、投資額の調整や、その他株以外の投資など

 

リスクを分散させる訳ですよね、これの事をリスクヘッジと呼びます

 

そしてユーチューブにもこのリスクヘッジを用います

 

日本でも有名なユーチューバーの方は殆どリスクヘッジをしています

 

では、Youtubeにおいてリスクヘッジとは何なのか?と考えた時に

 

一番最初にYoutubeので最悪な事を考えます、そうすると

 

最初に出て来ることはYoutube自体が消える事

 

では、どういう風にリスクヘッジするかって考えた時に別の動画投稿サイトにチャンネルを保有しておく事やツイッターやブログを初めておくなど

 

このようにリスクヘッジをして行くのですが

 

今回はそこまで大事にせずにYoutube上で貴方のチャンネルがアカウント停止されましたって言う風にリスクを考えましょう、そしてこれがYoutubeで活動している限りは、一番起こり得る可能性があるリスクです

 

それに対してのリスクヘッジと言うのが有名な方々がやっているサブチャンネルの保有です

 

で、題材の好きな事を投稿し続けようと何の関係があるのっていい加減思われてると思うのですが、ちゃんと話します

 

まず貴方が投稿したい動画のジャンルは一つだけですか?

 

恐らく多くの方は知らずとトレンドマーケティング等したくなると思います

 

何故かと言われたら、やはり一番賑わっているマーケットに行けば再生回数ががっつり上がる可能性が高いからって言う風に捉える方が多いと思うんですよねw

 

もし、一つのジャンルだけの動画を投稿し続けたいって言う方ならば

上記のリスクヘッジさえしておけばOKなのでこれから書く分は見なくても大丈夫です、多くの方がしているようにサブチャンネルをもってそっちの方もメインと同じように平行運営していって下さい!w

 

では、仮にそのトレンドで再生数がかなり取れて見てくれた方がこの人の動画面白かったからチャンネル登録しようって

 

チャンネル画面開いたときに全く別ジャンルの動画を投稿してたら

 

見てくれた人が貴方が他に上げていた動画のジャンルに全く興味無いから登録して普段見ない動画の通知ばっかり来るなら登録するのやめようって思われたら

 

物凄く悲しいですよね

 

かと言って一つのジャンルしか投稿出来ないのも、やりたい事を投稿し続けるって言う意味では芽を潰してる訳ですから、もったいないですよね

 

なので今回は、ヒカキンさんの用にリスクヘッジとして複数のチャンネルを持ち

 

尚且つリスクヘッジのチャンネルもジャンル分けしてメインチャンネルの用に運用しようって言う事です

 

因みにほとんどの方はリスクヘッジでサブチャンは持ちますがジャンル分けしてる人ってあまりいないです、見てると大体メインには上げられないような動画だったりサブチャン持ってるから気持ち程度に上げておこうって言う方が多いです

 

なので今回はサブチャンもジャンルを分けてメインチャンネルと同じくらい

 

育て上げたら仮にメインチャンネルがアカウント停止されてもサブチャンネルでメインチャンネルと同じくらいの再生回数とれるシステムを作り上げたらyoutubeで好きな事を投稿して生きていける可能性が出て来るかもしれないですw

 

まぁ、あくまで今回は好きな事を投稿するのは自由だけど

 

一つのチャンネルにジャンル分けせずにやりたい放題動画を乗せてたら

現登録者のファンの方とか視聴者さんがこのクリエイターは

 

何がしたいのだろう?っと思ってしまうのを回避しつつ

 

アカウント停止された時にリスクヘッジをしておくと言う事でした!

 

ではでは、今回はこんな感じで終わろうと思います!

 

また次回の更新でお会いしましょう、バイバイ